10月21日はバスで余市の果樹園にぶどう狩りに行ってきました。お昼はジンギスカンでお腹いっぱい!

10月21日はメンバーさんとスタッフさんでぶどう狩りに行ってきました。

この日は札幌でも初雪が降るほどの寒い日でした。

バスに乗って札幌から2時間ほどのところにある余市町の「山本観光果樹園」さんへ向かいました。途中のバスの中では簡単なクイズをやったりして楽しく過ごすことが出来ました。

到着が予定時間より遅かったので、お昼のジンギスカンを先に食べました。

お昼はみんなでジンギスカンをいただきました。

お肉が柔らかくてとってもおいしかったです!

〆にはうどん。残ったジンギスカンのタレを全部入れてちょっと煮込み風にして食べました。

いよいよメインのぶどう狩り!

お腹がいっぱいになったところで、いよいよお楽しみのぶどう狩りです。

係の人から地図を渡されて説明を受けました。

とても広い果樹園で、初夏はイチゴ、さくらんぼ、ブルーベリー、秋には梨、栗、ぶどう、りんご、プラムなど、色んな種類の果物を栽培されているようです。

この時期は他の果樹園はほとんど閉鎖されていて、一番遅くまでやっているところのひとつが「山本観光果樹園」さんだそうです。

まずはぶどうを取りに行きました。

その前に、おいしいぶどうの見分け方を教えてもらいました。

ぶどうの一番下の部分が一番最後に甘くなるそうです。なので、一番下を取って食べてみて甘かったらそのぶどうはおいしいぶどう。甘くなかったら取らなくていいとのこと。

一番美味しいぶどうをひとふさゲットしました!

次はりんご!

次はりんご畑に向かいました。りんごはまだまだたくさんありましたよ!

丸くて全体的が赤くなっているのがおいしいりんごだそうです。2個味見して、もうお腹いっぱい。

最後はプラム

最後はプラムです。すぐに食べるなら少ししわしわになりかけてやわらかいのが食べごろ。持って帰るなら、ちょっと固めのものを常温でおいておくのがいいそうです。

こちらもりんご同様、けっこうな数がなっていました。

おいしいプラムをたくさん食べてお腹がいっぱいになりました。

残った分はお持ち帰り出来ます。

果樹園に入るときに、はさみとカッターとカゴをもらいます。カゴにはお持ち帰り分を入れて、帰るときに100g65円でお持ち帰り出来ます。

取りたての果物をお持ち帰りできる機会はあまりないのでちょうどいいですね!

果樹園の皆さん、バスの運転手さん、ありがとうございました!

寒い中、ジンギスカン用意してくれたり親切にご案内してくれた果樹園の皆さん、そして、安全運転で送迎していただきましたバスの運転手さん、本当にありがとうございました!!

見学・体験はいつでも、受け付けています。

連絡先はこちら

電話:011-769-0890(川合)

メールはこちらのお問い合わせからお送りください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする