6月の開所日はみんなで小籠包を作って食べました

6月24日は月に一度の開所日でした。今回はみんなで小籠包を作って食べました。

いつもの開所日だと、女性が料理を作って、男性が外の清掃をしています。

今回も女性が小籠包を作って、男性が清掃や簡単なお手伝いをしました。

小籠包の作り方

小籠包は本格的なものはなかなか難しいので、クックパッドをみて簡単でなおかつ、おいしそうなレシピを参考にさせていただきました。

材料

  • 市販の餃子の皮:80枚
  • 豚ひき肉:500g
  • ネギみじん切り:1本
  • 生ショウガ(チューブ):大さじ3
  • すりおろしにんにく(チューブ):大さじ2
  • ごま油:大さじ2
  • 料理酒:大さじ2
  • 片栗粉:大さじ
  • ゼラチン(粉):20g
  • 醤油:大さじ2
  • 鶏がらスープ:大さじ2
  • お湯:500cc
  1. お湯500ccと調味料、ゼラチンを入れてよく混ぜます。それをパットに移して、粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れます。
  2. ボウルにタネの材料を全部入れて、よく混ぜ合わせます。
  3. 冷蔵庫に入れていたゼラチンが固まったら、フォークなどでひっかくようにして細かくします。
  4. 細かくしたゼラチンを加えて素早く混ぜます。
  5. スプーン1杯くらいの量のタネを取って、餃子の皮に包んでいきます。
  6. ホットプレートに水を張って、作った小籠包をのせます。このとき、小籠包の間隔をきちんととっておくことが大切です。近すぎると、小籠包同志がくっついてしまい、取り出すときに皮が破れてしまいます。
  7. ふたをして5分ほど蒸らして出来上がり!!

ほかにもメニューがありました

小籠包のほかにも、塩焼きそばとデザートに缶詰のフルーツもあって、とってもおいしかったです。

肉汁たっぷりの小籠包ができました!

小籠包を一口食べて思わず「おいしい!!」と声が出てしましました。

ほんとうに絶品の小籠包でした。塩焼きそばもおいしくて、大満足の開所日でした。

見学・体験はいつでも、受け付けています。

連絡先はこちら

電話:011-769-0890(川合)

メールはこちらのお問い合わせからお送りください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする