7月のパン教室で作ったパンです

7月のパン教室では、お好み焼きパンとベーコンエピを作りました。

お好み焼きパンの作り方

お好み焼きパンは発酵させたパン生地を人数分に分割して、それを麺棒で伸ばして、ウインナーとチーズを載せます。それを手前から向こうへ巻き上げて、両端と巻き終わりをつまんで閉じます。

それを二つ折りにして、真ん中を切ります。

その後、20分くらい仕上げ発酵して、お好み焼き風にするために、鰹節、青のり、マヨネーズ、紅しょうが、キャベツの千切り、サクラエビをのせます。

これを180度に熱したオーブンで13分ほど焼き上げるとおいしいお好み焼きパンの出来上がりです。

最後に青のりをふりかえたら完成!!

ベーコンエピとは

あまり聞きなれないパン、「ベーコンエピ」も作りました。

ベーコンエピとは生地の中にベーコンを入れたフランスパンの一種です。作り方もフランスパンとほぼ一緒ですが、よく知られている長いフランスパン(バゲット)と違い、キッチンバサミで切れ目を入れて、左右に倒しながら作ります。焼きあがると麦の穂のような形になります。この形のことを「エピ」と呼ぶそうです。

みんなで作ったお好み焼きパンとベーコンエピを食べました

この日のお昼ご飯は、もちろんみんなで作ったお好み焼きパンとベーコンエピです。

そのほかにも、ミネストローネとサラダ、デザートにはフルーツポンチもありました。

お好み焼きパンはアツアツでまるでお好み焼きを食べているような感覚でした。

ベーコンエピはサクサクとした食感で面白かったです。

ミネストローネはトマトの風味がさっぱりしていて作ったパンにぴったりのスープでした。

デザートまでついていて、この日のお昼ごはんはみなさん大満足でした。

見学・体験はいつでも、受け付けています。

連絡先はこちら

電話:011-769-0890(川合)

メールはこちらのお問い合わせからお送りください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする