8月のパン教室では角食(プルマンブレッド)と塩パンを作りました。

8月のパン教室では、角食(プルマンブレッド)と塩パンを作りました。

プルマンブレッドとは

日本で「角食」と呼ばれているパンは「プルマンブレッド」と言うそうです。プルマンブレッドとは、鉄道車両を作っているプルマン社という会社が19世紀に製造した食堂車で焼いたパンの形が食堂車に似ていることから、「プルマンブレッド」と呼ばれるようになったそうです。

19世紀にに活躍したプルマン車両

角食(プルマンブレッド)の作り方

一次発酵させた生地を分割するところから作業が始まります。

生地をおさえながら、めん棒で伸ばして、厚みを均一にします。

角食用の型に入れるときは、生地をやや楕円形にして入れます。

そこから仕上発酵をしていきます。目安はパンケースの9分目くらい。時間にすると35分から40分くらいになります。

その後、焼いていきます。180度のオーブンで35分焼きます。

こちらは焼いた後にトーストするところです。

トーストしてからバターを塗ってはちみつをたっぷりかけて、おいしいハニートーストを作りました。

もう一つのパンは塩パンです

塩パンは一次発酵が終了して分割後、ベンチタイムを取り、その後、両手で転がしながら長さ15センチくらいに伸ばした生地に濡れ布巾をかけて、5分休ませます。

それから、生地を転がして、18センチくらいの円すい形に形を整えます。

一つ一つの形を作って、仕上げ発酵後、オリーブオイルを塗って、岩塩をかけて、200度のオーブンで15分焼いていきます。

焼きあがった塩パンはこんな感じです。

今日のお昼ご飯はみんなで作ったハニートーストと塩パンです

この日のお昼ご飯は、もちろんみんなで作ったハニートーストと塩パンです。

そのほかにも、さわやかなクリームスープと豆腐のサラダ、デザートにはももがありました。

ハニートーストははちみつが甘くて、厚めのパンにぴったり!まるでケーキのようでした。

塩パンは塩味が効いていて食感がサクサクしておいしかったです。

デザートまでついていて、この日のお昼ごはんはみなさん大満足でした。

見学・体験はいつでも、受け付けています。

連絡先はこちら

電話:011-769-0890(川合)

メールはこちらのお問い合わせからお送りください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする